テレフォンセックスで何ができる?

テレフォンセックスという言葉は巷で耳にすると思いますが、みなさんはどんなイメージを持っているのでしょう?
言葉から考えれば「電話でセックスをする」ということになりますが、これは物理的に不可能ですね
電話越しにセックスをすると考えた方がイメージが湧くと思いますよ。

要するに電話でエッチなことを話し、それでお互いに性的な興奮を覚えオナニーをする、こういったことですね。
声だけで相手のことをいろいろ想像できて興奮する、こんな方々は多いものですが、最近のテレフォンセッックスは過激に進化しています
どういうことかと言えば、本来声とか音だけだったものに映像が加わっているのですよ。
簡単に言えば、テレビ電話を使ったエッチということになります。

声・音だけではなく、そこに映像が入るのですから、お互いの興奮の度合いは従来のテレフォンセックスを凌駕しています。相手の格好、体を触っているその様子、感じている顔など、リアルに映像を通して伝わってきますから、まさにライブチャット的な様相ですね。
見れるのに触れない・・・映像が加わったことによって、こんなもどかしい感覚がよりいっそう興奮度を高めてくれるようです

テレビ電話はどんどん映像が綺麗になり、鮮明になってきています。さらに画面も大きくなる傾向にありますから、テレフォンセックスが好きな方には良い時代になったものだと思いますね。
テレビ電話エッチという形に進化してきたテレフォンセックス。あなたも知らない世界に一歩足を踏み出してみてはいかがでしょうか?そこには新しい性の興奮、新しいスタイルのエッチがあると思いますよ。

メル友の電話番号をゲットするには?

実際にテレフォンセックスを共に楽しむ際には、時としてそれまでより更に1段階飛躍した関係へと踏み込まねばならない点があります。
言うまでも無く、テレフォンセックスは電話で互いが発する声と言葉を交わす行為ですから、メ−ルだけの関係ではありません。
これが乗り越える事を必要とする「壁」と言えます

テレフォンセックスは、画面に表示される相手の文字を目で追う行為では無く、リアルタイムで声を届け、声に耳を傾ける中、想像力を駆使して互いに快楽を求め与え会う行為です。
すなわち、相手と電話で会話を交わせなければ、テレフォンセックスは成立しないのです。
つまり、相手の電話番号を知らなければ、スタ−ト出来ない行為なのです。
実は出会い系サイトを通じて知り合った2人の場合は、サイト経由でのメ−ル交換が可能ですから、メルアドに関してはさほど問題無く知る事が出来そうですが、これがいざ直アドを尋ねた途端、一転拒否されてしまう展開も多々有るのです。
直でコンタクト出来る環境が整った瞬間、出会い系サイト経由での関係では無くなります。
だからこそ、自身のメアドを簡単に教えない姿勢の女性が大半なのです。
更にこの場面では、相手の電話番号を知る必要がある訳ですから、これは難題と言えます。
これをクリアするためには、相手との距離感を可能な限り縮め、同時に警戒心を取り去っておかねばなりません。
そのためには最低限、相手とは直メでのやりとりが出来ている状況でなければならず、これは万一、電話番号を尋ねた途端に相手からの連絡が途絶えた場合、これが唯一のパイプラインとなるからに他ならないからです。

テレフォンセックスでは話術も大切

テレフォンセックスは1人では出来ません・・・って、当たり前の事から書き出してしまいましたが、相手失くして楽しめないのがテレフォンセックスです。
すなわち、相手という存在が非常に重要なのですが、相手以外にも他に色々と要求される事柄があるのです。
その1つが「話術」です
相手を淫靡な気持に導く巧みな話術を持っている人と、まるで台詞の棒読みみたいな話し方しか出来ない人とでは、相手が受ける印象は全く別次元のモノとなってしまいます。
テレフォンセックスで双方が楽しむためには、この話術が持つウエイトは非常に大きいと言えるのです。
そんな話術に自信が持てないのであれば、テレフォンセックスよりも文字を用いたメ−ルでのやりとりの方が向いているかも知れません。
また、テクニックとしての話術にどれだけ自信を持っていたにせよ、やはりテレフォンセックスでそれを最大限活かすためには経験値が必要です。
ですから、話術をカバ−出来る経験値を持つ人こそが、テレフォンセックスに際しては有利な立ち位置に居る、とも言えるのです。
実際、エッチな雰囲気を相手に伝える事が出来ない話術の男性が相手では、何も感じずただシラけるだけ、という女性は少なくありません。
これを裏返せば、しっかりと相手も自分も没頭出来る雰囲気を作る事が出来れば、それだけでもテレフォンセックスを楽しむ環境を十分整える事になるのです。
雰囲気が整っていないテレフォンセックスは、何とも味気無いモノと化してしまいます。
相手がその気になってくれる雰囲気を作る事が、テレフォンセックス堪能への第一幕、と言えるでしょう。

テレフォンセックスの魅力

テレフォンセックスというものは、昔からありましたが、今では進化しているようです。
電話を利用して行うエッチがテレフォンセックスですが、電話だけではなくチャットやテレビ電話といった現代的な道具まで利用されるようになりました。
離れているからこそテレフォンセックスをするといったものも、今ではあえてテレフォンセックスを選ぶことがあります
なぜこれほどまでにテレフォンセックスは根強く残ってきたのでしょうか。
それにはテレフォンセックス特有の楽しみがあると考えられます。
中でもテレビ電話を利用してのテレフォンセックスには興奮するものがあるでしょう。
普段は誰もいないところで行っているオナニーが画面越しに見られているのですから。
人によっては恥ずかしさよりも、見られている興奮がいいのかもしれません。
テレビ電話を使わない場合でも、自分一人しかいない空間で、電話から聞こえる声や音を聞きながら楽しめるのです。
本来ならば何もないはずなのに、あえぎ声がリアルタイムに聞こえてくる。
この差がまた興奮をかき立てるのかもしれませんね。
テレフォンセックスならば、相手に対する要望も言いやすいことがあるかもしれません。
こうして欲しい、ああして欲しいといった事も恥ずかしさを感じずにお願いできます。
まあ、あまり変なお願いは嫌われる原因になってしまうのでほどほどにしないといけませんが。
こういった要望をお互いに聞きながら楽しめることも魅力でしょう。
目の前には誰もいないのに、エッチな命令をする、されるということも興奮するものです。
こういった興奮が、声でしか伝わってこないことがまたいいものです。
お互いの声を聞きながら相手のことを想像すると、結構盛り上がるものです。
こういった楽しい魅力にあふれているのが、テレフォンセックスなのです。

夫に内緒でテレフォンセックスを楽しんでます

毎晩のように繰り返される、主人とのセックスにある日終止符を打ちました。
結婚して5年間セックスをしていたのに、子供が授からないのです
結局、さっき言ったように終止符を打たれ、主人との話し合いで、子供は諦めて、普通に生活する事になりました。
なぜあんなに子供を作るために頑張ったんだろうとバカバカしく今思えてきました。
セックスをしなくなったために、主人とあまり関わりなくなってきました。
実は、もう私を妻として見なくなったのかも知れませんね。
そのあとは、普通の生活どころか、バラバラの行動を始めました。
主人は、何をしているのか解りませんが、朝まで帰らない日が多くなりました。
家に一人取り残されている私は、寂しい日々を送る事になりました。
そんな暇な毎日だったので、ずっとインターネットをしていたら、テレフォンセックスと言う文字が目に入りました。
いつも家に一人の私にとっては、最高の欲求解消方法でした。
電話でセックスをするので、夫がいつもより早く帰ってきても、すぐに電話を切ればいいだけなので、バレる事がほとんどないからです。
私がテレフォンセックスをしてみての感想は、顔を合わせないので、なんでも言えるので、本気のセックスが可能ということです
今になってみれば、主人の事を考えるよりも、テレフォンセックスの事を考えるほうが、多くなりました。
だって、主人を考えても楽しくないので、テレフォンセックスの人と、毎日プレイをしたいと思うぐらいになりました。